Blog
ブログ

2021.11.05 

ブログ

アプリで簡単!手書きイラストの背景を透明化する方法

今回はイラストを特別な技術がなくても簡単に加工できる方法をご紹介いたします。
WEBデザイナーが使うフォトショップやイラストレーターの様な有料の特別なツールを使わなくても簡単にイラストや画像を無料で加工できます。
アプリの使い方と特徴をご紹介していきたいと思います!

目次

手描きの絵やイラストの背景を透明化

最近ではパソコンやスマホで簡単にオリジナルのグッズやTシャツが個人でも作れる時代になりました。
そこで出てくる問題が画像の加工です。一昔前まではデザインの勉強をして技術を身に付けた人が画像の加工を行いオリジナルグッズやオリジナルTシャツなどを作製していました。
手描きで描いた絵やイラストは白い紙に描いた状態だと背景は白くなっています。黒いTシャツに背景が白い状態でデザインを置くとどうなると思いますか?そうです…白い背景は白くプリントされるのです。
この問題を解決するには白い背景を透明にすることが必要になります。
自分だけのオリジナルグッズを作ろうとしてここで挫折した方も少なくないと思います。
少し前までは専門の技術を身に付けたプロがフォトショップやイラストレーターといった専門的なツールを使って地道に作業していました。
しかし最近ではAIの技術が進みその機能をアプリで簡単に、なおかつ無料で使えるものが沢山あります。使い方も合わせてご紹介していきたいと思います。

アプリを使って自分で書いたイラストを簡単に背景を透明化してみる

画像の背景を透明にすると他の画像と合成したりその画像やイラストを使ってオリジナルグッズをご自身で作製するときにきっと満足のいくものに仕上がります。
透明化する部分を納得いくように指定したいと悩んでいませんか?

そんな方にオススメのアプリは【背景透明化】

今回は背景透明化アプリの特徴と使い方と実際に使ってみて感想、注意点についてご紹介していきたいと思います。
透明化に特化したアプリだからこその簡単な操作で、気になるところまで透明化させられるアプリになので、ぜひチェックしてみてください。
まずはスマホに入っている加工したい画像やイラストを選択して表示させます。
できるだけ余計な部分をカットするよう指示が出るので残したい部分ギリギリまでカットしましょう。余計な部分のカットができたら、まず一番簡単なのが自動です。AIが画像を認識して自動的に背景を透明にしてくれます。イラストと背景がはっきりしているものであれば自動でも十分綺麗な仕上がりで背景を透明化してくれます。自動で上手くいかなかった部分は手動や修復で手直しすると納得いく仕上がりになるでしょう。

手動で納得いくまで背景を消してみる。

手動で背景を透明化するには繊細さと根気が必要になります…
細かい部分をしっかりと消したい時や最後の仕上げとして使用するのがおすすめです。
まずは消しゴムの大きさを大きめに設定して透明化したい部分をおおざっぱに消していきます。
細かい部分はかなり気を使って細かい作業になりますが細かいところまで綺麗に処理したい方は時間をかけて透明化→修復→透明化→修復を繰り返して綺麗に仕上げてみてください。

元々は技術を身に付けたデザイナーが1つ1つ作業していた仕事なのでこだわりたい方は納得いくまで透明化してみてください。もっとこだわりたい方はフォトショップやイラストレーターを契約して勉強して技術を身に付けてデザイナーになることをお勧めします。
あくまでアプリで簡易に透明化できるツールなのでまずは簡単にできる範囲内で綺麗に仕上げてみましょう!

背景を透明化したらそのイラストや画像を使ってオリジナルグッズを作ってみる。

アプリで透明化の作業が終わると背景部分が格子柄(チェック)になります。
格子柄になっている部分が透明になっている部分です。消し忘れや消しすぎた部分がないか最後に確認しましょう。
背景が透明化できていないと上のスニーカーの写真のようなことになってしまいます…透明化している方はとっても綺麗にできていますね!お子様の描いたイラストで自分だけのグッズが綺麗にできたら一生の思い出の出来上がりです!

今はスマホで簡単に自分だけのTシャツやスマホケース、トートバッグなどをリーズナブルに作れるWEBサイトがあります。作ってみたいけどちょっとハードルが高いなと思っていた方も多いと思いますが今はアプリを使えば誰でも簡単にイラストや画像を加工できるし、スマホだけで簡単にオリジナルグッズを作れるサイトも増えているのでぜひチャレンジしてみてください。
誰ともかぶることがない商品や記念になるものが作れて、自分で作る楽しさや届いたときの喜びはきっと格別なものになります。

お気に入りの写真をそのまま使うも良し、透明化するも良し!

画像をそのまま使ってオリジナルバッグを作った場合と透明化して作った場合を比較してみましょう。透明化した画像はワンポイントで使ったり他の写真と合成させたりして凝ったデザインを作ることもできます。画像をそのまま使ったものもとても素敵ですね!あなたのアイデア次第で世界に一つだけの誰ともかぶらないオリジナルグッズを作ってみてはいかがでしょうか!
オリジナルグッズを作る際の注意点としては画質です。画質の粗い画像で作ればもちろんプリントも綺麗には表現出来ません。もちろん作る商品の素材によってもプリントの見え方は変わってきます。
これらのことに注意しながらオリジナルグッズの製作にチャレンジしてみてください。

SHARE
シェアする
[addtoany]